OPENIDの仕組み

OPENIDの仕組み

「OpenID」とは一つのIDで、インターネットの様々なWebサイトの認証が可能なシステムです。

「ご本人を確認できるものをご提示ください」と聞かれるケースがよくあると思います。この場合は運転免許証、健康保険証、パスポートなどがありますが、これをWeb上でも取り入れていこうというのがOpenIDと言えます。

IDにURLを使われるのが1つの特徴ですが、米国ではすでに30余りのWebサイトがOpenID認証に対応しています。
米AOLやWikipediaが対応を表明したことでも有名でもあり、OpenIDの知名度を決定付けたのが何と言ってもマイクロソフトのビル・ゲイツ会長でしょう。
ビル・ゲイツ会長はOpenIDの支持を表明したことから急速に注目を集めたシステムとなりました。
国内の状況は、ニュース情報共有サイト「Choix」を運営するアセントネットワークス。
ここがOpenIDのID発行サービス「Openid.ne.jp」を開始しました。

OpenIDの発行と認証サイトの特徴は、ユーザー名やメール・アドレスなどの情報を登録することがID発行の必須条件になってきます。

この条件をクリアした場合、初めてIDが発光されますが基本的に派「ユーザー名+発行/認証サイトのドメイン名」になるはずです。

例えば、Openid.ne.jpに「user」というユーザー名で登録すると、「user.openid.ne.jp」というIDが発行されます。