OPENIDの使い方

OPENIDの使い方

現在OpenIDが注目されている理由の1つとして、数多くのビッグネームサイトがOpenIDを適用し始めたことです。
国内のサービスでは「livedoor」「Yahoo! JAPAN」「mixi」など。

このように集客力があるビッグサイトがOpenID対応サービスを作ることでよりメジャーになってきた意識があります。

例えば、SNSの代表である「mixi」であれば、1,500万以上のユーザーが登録していることから、この人数が別サイトにOpenIDでログインできるようになります。
サービスを提供している企業から見れば、間違いないくチャンスであることは間違いありません。

アメリカではSNSに活用されるケースが日本よりも進んでいます。
これはセキュリティの面でも特化してるからだと言えるでしょう。
実際に全米で1万人以上のウェブサービスがOpenIDに対応していることは判明されています。

IDは1人1件というわけではないので、実際のID件数は2億5千万件を超えることが発表されました。
日本国内とはまだまだ桁が違いますが、上記のようなビッグネームサイトが対応し始めれば、この件数はあっと言う間に追いつくことが予想されています。